2015年9月1日

ファイナンシャルプランナーとして生きるための重要ポイント

金融情報に関する最新情報を把握しておく

ファイナンシャルプランナーにお金の話題は切っても切れませんよね。保険商品や金融商品も、時代の流れに従って次々と新しい商品が売り出され、新しい商品に関する情報を常に把握しておかなくては、業務に活かすことができませんので、金融商品のトレンドに追随することが非常に重要となります。また、ライフプランニングにおいて、節約の方法などについても時代に応じた内容を提案できるように、常にアンテナを張り巡らせておくような努力も大切だと言えますね。

講演会などで話せるスキルを磨いておく

ファイナンシャルプランナーとして働く以上は、その知識やスキルを持って様々な人にライフプランの重要性を説明しなければなりません。会社に所属していようが、独立していようが、講演会やセミナーなどで講師としての役割を果たす必要があり、初めて参加される方にも分かりやすく伝えるというスキルが求められるでしょう。特にファイナンシャルプランナーとして独立する場合は、講演会やセミナーは貴重な収入源の一つとなりますので、人前で雄弁に喋ることができるくらいになっておかなくてはなりませんね。

顧客に対するプレゼンテーションスキルを付ける

ファイナンシャルプランナーの仕事の一つとして、保険商品の比較サービスや個人のライフプランニングなどの業務があります。数ある保険会社の様々な保険商品から、最適な保険商品を提案するには、その人の職業や年収、家族構成などを考慮する必要があります。それらの条件を的確に捉え、ベストな保険商品を提案できるようにプレゼンテーションする能力が大変重要となりますよ。保険を契約してもらうには、並大抵のプレゼンテーション能力では到底太刀打ち出来ませんので、納得性のある商品説明を行えるようにスキルアップすることがポイントですね。

難関資格で知られるcfp資格の合格率は、試験に出題される5分野すべて30パーセント前後と低い合格率です。